トップページ>黒松内町ってどんなところ?

黒松内町ってどんなところ?

人と自然が対話するまち、黒松内はなつかしさと快適さが同居した新しい理想郷を目指しています。

北海道寿都郡黒松内町

豊かな自然に培われた、後志随一の酪農王国。

豊かな自然に培われた、後志随一の酪農王国。

黒松内町は人口よりも牛が多い、後志随一の酪農王国です。乳牛を中心に、肉用牛、豚を飼育するほか、馬鈴しょをはじめとする畑作、もち米を生産する稲作が行われています。

見渡すかぎり青い空と緑の大地が広がる、牧歌的な美しい風景。鮎のすむ朱太川を水源にする清涼な水。さわやかな気候。そして森からの贈り物である澄んだ空気。

黒松内のおいしい牛乳や野菜は、この恵まれた環境の中ではぐくまれた、まさに大自然の恵みといえるでしょう。

黒松内町で農業にたずさわる人々

黒松内町で農業にたずさわる人々は、その豊かな自然の優しさをかみしめながら、いきいきと暮らしています。

すばらしい自然環境を守り続けることも農業の役割だと考えて、低農薬や有機栽培、良質の堆肥による土づくりなど、クリーン農業に意欲的に取り組んでいます。

そして、農村を健康づくりやレクリエーション、子供たちの教育の場として活用していく方法も考えています。
都会では体験できない自然とのコミュニケーションが農村には広がっているからです。

▲このページの先頭

農村ならではのイベントで、広がるコミュニケーション。

農村ならではのイベントで、広がるコミュニケーション。

まち最大のイベント「新・ビーフ天国」には、農村ならではの心温まる交流を求めて、全国から大勢の人々が、ここ黒松内町に詰めかけます。

照りつける太陽の下、さわやかな天然芝の野球場で豪快に味わう黒松内産牛のバーベキューと町民手づくりのアトラクションは、訪れた人たちの心も体も元気にしてくれます。

この「新・ビーフ天国」をはじめ、四季折々のブナ林を散策するブナ・ウォッチングや多彩なコースで楽しめるフットパスなど、まちで開催される様々なイベントを楽しみに全国から年間15万人が黒松内町を訪れています。

こうしたイベントをきっかけに黒松内ファンが増え、何度もまちに足を運んでくれるリピーターも多くなり「交流」を通じた郷土愛も町民の間に育っています。

▲このページの先頭

21世紀に向かって、新しいユートピアづくりへ。

21世紀に向かって、新しいユートピアづくりへ。

私たちが考える21世紀の黒松内町、それは、まち全体が緑豊かで気持ちのいい自然公園です。
とんがり屋根の農家民宿が、緑にとけ込むように建ち、週末には、家族連れや学生のグループがファームインに訪れるのです。釣りやバードウォッチングなど、みんなが自由に休暇をエンジョイしています。 とりたての野菜を売る直売所があります。子供たちが乳搾りやじゃがいもの収穫を手伝って、歓声をあげています。農業に夢を持って移り住んでくる若者もいます。

憧れのカントリーライフが黒松内町で実現するのです。

21世紀に向かって、新しいユートピアづくりへ。

黒松内町の近い未来には、なつかしさと快適さが同居した新しいユートピアがあります。まちのいたるところに、心やすらぐ風景があふれていることでしょう。ふるさとを知らない子供たちが、たくさんの思い出をはぐくむことのできる田舎となるように…。

黒松内町の夢はどんどんふくらみ、そして少しづつ現実に向かっています。

▲このページの先頭

[ブナ北限の里づくり]構想

[ブナ北限の里づくり]構想

黒松内町の歌才ブナ林は、ブナの自生する北限の地として、国の天然記念物に指定されています。

しかし、そのブナ林でさえ、過去幾度となく開拓や伐採の話が持ち込まれました。そのたびにブナ林を保存しようとする町民の運動によって、危機を乗り越えてきてのです。

1987年から取り組んでいる「ブナ北限の里づくり構想」は、こうした先人たちの志を受け継いだ町民の自主的な提案からスタートしました。
長期的な視野にたち、自然と対話しながら手づくりで進めてきたものです。
自然豊かな土地だからこそ、自然と調和して暮らす喜びを感じられるように。その喜びを都会の人々にも伝えていけるように。

このような町民の願いは、「歌才自然の家」「ブナセンター」「黒松内温泉ぶなの森」「道の駅くろまつない」などの施設を通して、そして黒松内町オリジナルのチーズやハムの味覚を通して、着々と実を結び始めています。

黒松内の由来

『黒松内』という名称は、アイヌ語の「クル・マツ・ナイ」(和人の女のいる沢)に由来したものです。かつて出稼ぎの漁夫を慕ってきた女性たちの船がシケで難破し、そのままこの地に滞留したと伝えられています。

黒松内町のシンボルマーク

黒松内町シンボルマーク

木の中に入り込んだ虫をとらえて、木が枯れるのを防ぐクマゲラ。森のお医者さんと呼ばれるクマゲラと、町木であるブナをデザインしました。
1990年制定。

  • 緑の屋根だより toit vert blog
ゆったりと流れる黒松内の日常風景をお届けします
  • ブナの 北限 黒松内町ってどんなところ?
  • トワ・ヴェールへのアクセス
  • トワ・ヴェールIIのご案内

▲このページの先頭へ